【簡単にできる!】プラントハンガーの作り方

簡単なプラントハンガーの作り方

インテリアをおしゃれに格上げしてくれる「プラントハンガー」。ハンドメイドしてみたいけれど、ちょっとハードルが高い……。」と思っている方も多いのでは?

そこでこの記事では、

  • まとめ結び
  • ひと結び

をメインにした簡単に作れるプラントハンガーレシピをご紹介します。

難しい編み方を使わなくてもおしゃれに作れるので、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

今回作ったプラントハンガーのデザイン

白とメタリック糸で作ったプラントハンガー

今回は、

  • まとめ結びメインで作った長めのプラントハンガー
  • ひと結びメインで作った短めプラントハンガー

の2種類をハンドメイドしました。

アクセントにラメ糸を使用したので、ナチュラルだけどさりげなくエッジの効いたデザインになりました。

材料の準備

使った材料とリングをご紹介していきます。

プラントハンガーの材料
  1. メインの糸 → コットンスぺシャル(4㎜)
  2. ラメ糸 → クリスタルコード
  3. リング → ダイソーのアクセサリー用アクリルパーツ

メインで使ったコットンスペシャルは、とっても編みやすく扱いも楽なので初心者さんにおすすめの糸です。

簡単に作れるデザインなので、糸もなるべく編みやすい太目のものを選んでみました。

太目の糸を使うと、編み時間も短縮できます。

スポンサーリンク

簡単にできるプラントハンガーの作り方

それでは、簡単に作れるプラントハンガーの作り方をご紹介していきます。

※カットする糸の長さや編み地の長さを調整することで、好みに合わせたサイズにアレンジできます。
飾りたい場所に合わせたサイズ感にアレンジしてみるのも◎なので、ぜひ調整してみてください。

「まとめ結び」メインの簡単プラントハンガー

まずは、こちらの「まとめ結び」をメインに用いた長い方のデザインからレシピをご紹介していきます。

用尺
  • メインの糸(コットンスぺシャル4㎜)
    190㎝ × 8本
  • ラメ部分の糸(クリスタルコード)
    100㎝ × 2本 50㎝ × 8本

糸を準備したら、プラントハンガーの上から順に編んでいきます。

① 1/2に折ったメインの糸をリングに通す。
→ 100㎝のクリスタルコードで4cmの まとめ結び

② 26㎝の間隔を開ける。

③ メインの糸を4本一組にわける。→ 50cmのクリスタルコードでまとめ結び しながら七宝柄を作っていく。

まとめ結びで作った七宝編み

上図のサイズ感で編んでいきます。

まとめ結びした糸を2本ずつずらして七宝柄を作っていってください。( 七宝結びの結び目を平結びではなくまとめ結びにしたイメージです。)

七宝結びの3段目は、平結び を1回編んでください。

最後に4cm間隔を開けて次の工程に進みます。

④ すべてのひもをまとめて、クリスタルコードで6.5㎝の まとめ結び

⑤ 最後に残った糸をお好みの長さでカットし、端を ひと結び して完成です。

「ひと結び」メインの簡単プラントハンガー

次に、「ひと結び」をメインにして作った短い方のプラントハンガーの作り方をご紹介します。

用尺
  • メインの糸(コットンスぺシャル4㎜)
    160㎝ × 4本
  • ラメ部分の糸(クリスタルコード)
    100㎝ × 2本 

こちらのデザインは少ない用尺で作れるのでコスパも◎。

それでは、プラントハンガーの上から順に編んでいきましょう。

① 1/2に折ったメインの糸をリングに通す。
→ クリスタルコードで3.5㎝の まとめ結び

② 19㎝の間隔を開ける。

③ メインの糸を2本一組にわけて、ひと結び で七宝柄を作っていきます。

ひと結びしたら、糸を1本ずつずらして3段の七宝柄にしていきます。

④ 最後のひと結びのキワで、クリスタルコードを使って6㎝の まとめ結び

⑤ 残った糸をお好みの長さにカットして、糸先を ひと結び すれば完成です。

簡単な編み方でプラントハンガー作りを楽しんで

プラントハンガー

「まとめ結び」と「ひと結び」をメインにした、簡単に編めるプラントハンガーのレシピをご紹介してきました。

この作り方は、編み時間もかからないので気軽にハンドメイドできます。

ぜひ、おうちのインテリアに手作りのプラントハンガーをプラスしてみてください。

\ 今回使用した糸はこちら /

※コットンスペシャルは4㎜を使用。

\ 糸の詳細レビューはこちら /

よりベーシックなマクラメプラントハンガーを作ってみたい方は、こちらの記事もおすすめです ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました