平結びの作り方

平結びの作り方

平結びは、マクラメ編みの技法の中でも最も基本的でよく使う結び方です。
平結びを覚えるだけでもかなりたくさんの柄編みを楽しめるようになるので、ぜひマスターしてみてください。

スポンサーリンク

平結びの結び方(左上平結び)

まずは、結びはじめる前に「結びひも①・結びひも②・芯ひも2本」を準備します。
※今回はわかりやすいようにひもの色を変えてみました。

ひもの準備ができたら、さっそく編んでいきましょう!

平結びは、6ステップで編むことができます。

【1】結びひも①(左側のひも)を芯ひもの上に乗せる ⇒ 結びひも②(右側のひも)を結びひも①に乗せる。

【2】結びひも②を芯ひもの下 ⇒ 結びひも①の上に通す。

【3】糸を引いて整えると、下の写真のようになります。

【4】 再び結びひも①を芯ひもの上に乗せる ⇒ 結びひも②を結びひも①に乗せる。

【5】 再び、結びひも②を芯ひもの下 ⇒ 結びひも①の上に乗せる。

【6】結びひも①と②を引き締めて「平結び」1回分が完成です!

【1】~【6】を繰り返して、平結びを編んでいきます。

平結びを4回続けて編みました。

左側の結びひもから編みはじめたので、左側に「こぶ」が4つできます。

これが、「左上平結び」です。

平結びの編み方

編みはじめを右側からにすると右上平結びに

右側の結びひもから編みはじめると、「右上平結び」が作れます。

左上平結びと同じ動きを左右逆にして編んでいきます。

そうすると、右側にこぶのある「右上平結び」が完成します。

右上平結びは、右側のこぶで回数を数えます。(※この画像は4.5回編んだところです。)

平結びを数回編むと、右上も左上も見た目はほぼ同じになります。

平結びをスムーズに編むポイント

平結びを編み進めていくと、途中でどちらの結びひもを芯ひもの上に乗せるかわからなくなることが多々あります。

そんなときは、ひとつ上の結び目の「こぶ」に注目してみてください。

ひとつ上の結び目の「こぶ」がある方の結びひもを芯ひもに乗せるようにすると、左右を間違えることなく編み進めていけますよ。

ちなみに…
こちらの記事ではマクラメ糸に「コットンスペシャル3㎜」を使用しました。

タイトルとURLをコピーしました