左右結びの作り方

左右結びの作り方

左右結びは、2本のひもを交互に巻き付けることで編んでいくマクラメ編みの技法です。左右に凹凸のある編み地に仕上がるので、作品の奥行きをアップしてくれます。

さっそく編み方をチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

左右結びを編む5ステップ

左右結びは、5ステップで編むことができます。

【1】まず、ひもを2本用意します。
※今回はわかりやすいように色を変えてみました。

【2】方側のひもを、反対側のひもに巻き付けます。(ここでは、赤い方が結びひも、青い方が芯ひもです。)

【3】ひもを引っ張って引き締めて、左右結び0.5回分が完成。

0.5回分編んだ左右結び

【4】次は、結びひもと芯ひもを左右逆にして同じ動きを繰り返します。
(先ほど芯ひもだった青い方は結びひもに、赤い方は芯ひもになります。)

【5】ひもを引っ張って引き締めて、左右結び1回分が完成。

引き続き【1】~【5】を繰り返していくと、下図のような左右結びが完成します。

赤と青で編んだ左右結び

12回分の左右結びを続けて編んでみました。

凹凸があって豊かな表情をつけてくれる編地なので、覚えておくと作品の幅が広がります。

左右結びの編み方

左右結びをきれいに編むポイント

左右結びは、芯ひもを交互に変えながら編んでいくので、途中で次にどちらを編むかわからなくなってしまうことがあります。

先ほどの編み地のように、左右で色を変えるとわかりやすいのですが、同じ色のひもで編んでいくと混乱してしまうことも。

そんなときは、「こぶ」に注目してみてください。

最後に作った編み地の「こぶ」がある方が結びひも、「こぶ」がない方が芯ひもになります。

これを覚えておけば、途中でわからなくなっても確認しながら編み進めることができますよ。

また、リズミカルに編んでいくと混乱しにくくなるので、必要な回数を一気に編んでしまうのもおすすめです。

この記事で使用した糸は、こちらの太さ3㎜です。
タイトルとURLをコピーしました