ウール(羊)の種類について|毛糸の材料豆知識

「メリノ」や「シェットランド」など、毛糸を扱っているとウールの中でもさまざまな種類に出会います。商品名になっているものもよく見かけますよね。

それぞれどんな特徴があるのか気になったので、いろいろ調べてまとめてみました。

スポンサーリンク

【1】メリノ

オーストラリア・ニュージーランド・南アフリカで主に飼われている品種。原産はスペインだそう。

手芸糸だけでなくアパレルでもよく見かけるメリノウールは、他の羊毛に比べて繊維が細く柔らかいのが特徴

繊維の太さによって「ファインメリノ」「エクストラファインメリノ」などと呼ばれることも。ユニクロの商品でよく見かけますよね。

created by Rinker
¥534 (2022/09/29 21:53:24時点 楽天市場調べ-詳細)

【2】ラムウール

ラムウールとは、生後数か月のメリノ種の子羊から刈り取られるもので、通常のメリノウールよりもさらに繊維が細いのが特徴。

繊維が細いから、チクチク感が少なく軽く柔らかな肌触りです。

また通常のウールよりも保温性が高いのだとか。

created by Rinker
¥330 (2022/09/30 06:59:02時点 楽天市場調べ-詳細)

【3】シェットランド

英国のシェットランド諸島に生息しており、英国で最も古い品種だそう。白・グレー・ブラウン・ブラックなど、11色の基本色があります。

シェットランドウールは、弾力・ハリがあり、耐久性も高いのが特徴です。

他の品種に比べると体が小さくて、刈り取れる量が少なく貴重な品種です。

created by Rinker
¥915 (2022/09/30 06:59:02時点 楽天市場調べ-詳細)

【4】ゴットランド

スウェーデンのゴットランド島で買われている羊の品種で、とても希少性が高いそう。

巻いた毛並みが特徴で、モヘアが混じっているような見た目になるそうです。軽く光沢があるのが特徴。

【5】コリデール

毛が細いメリノ種と長毛のリンカーン種を交配したコリデール。ニュージーランドが原産です。リンカーン種は食肉用として飼育されているそう。

そんなコリデールは、光沢があり柔らかいのが特徴。

日本でも多く飼育されており、なじみのあるカワイイ姿です。毛糸の原料として主流の品種になります。

スポンサーリンク

【6】ブルーフェイスレスター

18世紀にチェビオット(後述)とイングリッシュレスターから品種改良されたウールで、西カンブリア地方が原産です。

軽くて光沢があるのが特徴。

繊維が細く、柔らかい質感になるそうです。

【7】ロムニー

英国のロムニー・マーシュ地方が原産。ニュージーランドで飼われている羊の約半分がこの品種だそう。

光沢・ハリがあり、毛足が長いのが特徴。

カーペットを生産する際に使用されることが多い品種です。

【8】チェビオット

英国のチェビオット丘陵が原産の品種。しっかりとコシ・ハリのある毛質で、とても膨らみや弾力があり軽いのですが、編み地が崩れないのがメリットの品種です。

アラン模様などの編み地がしっかり美しく仕上がるのが特徴。

created by Rinker
¥862 (2022/06/10 10:37:58時点 楽天市場調べ-詳細)

【9】フォークランドウール

DARUMAの毛糸で「フォークランドウール」というものも見つけました。

南大西洋上の南極にほど近い場所に位置するフォークランド諸島は、豊かな牧草地があり、ペンギンが生息するなど、大自然にあふれた島です。 大きさは新潟県とほぼ同じ大きさで、この島々の人口は約3,000人ですが、50万頭ほどの羊が生息しています。 この島で育った羊の毛は一般的な羊毛よりも白度がとても高く、柔らかさの中にもハリやコシがあるのが特徴です。

http://daruma-ito.co.jp/

希少性の高い毛糸だそうで、柔らかさ・ハリ・コシがあるとのことなので、編み地模様もきれいに仕上がりそうです。

created by Rinker
¥862 (2022/09/30 06:59:02時点 楽天市場調べ-詳細)

ウール(羊)の種類まとめ

ウール(羊)の種類についてまとめてきました。

世界には、3000~4000種もの羊がいるそうです!

ウールとひとくくりにしがちですが、知れば知るほど奥が深く興味をそそられます。

また、手芸で使うような羊種を見つけたら追記していこうと思います。

タイトルとURLをコピーしました