初心者さんでも扱いやすい「マクラメ糸・ひも」まとめ

「マクラメをはじめよう!」そう思ったときに、最初のつまづきポイントになりがちなのが ”マクラメ糸選び”。

私も最初はどの糸を使えばいいかわからず、右往左往しました……。

そこでこの記事では、マクラメ初心者さんが扱いやすい「マクラメ糸・ひも」を3種類ご紹介します。ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

【1】Stella Sea Fibersの「16打ちフェアトレードオーガニックコットンコード」

まずご紹介するのは、Stella Sea Fibers 16打ちフェアトレードオーガニックコットンコード です。

糸がほつれてこない「組紐系の糸」で表面がスムースなため、マクラメを作りやすい質感になっています。

この糸はフェアトレードのオーガニックコットンを原料にしていて、触り心地が柔らかくすごく気持ちがいいです。

マクラメを結ぶときの手の負担も軽減できそうな質感。

糸がほつれてこないし、表面が引っかかりにくいのでとっても結びやすいです。

また、初心者さんでも均等で美しい結び目を作りやすいのが特徴。

オーガニックコットンのナチュラルさが際立ち、海外インテリアやBOHOスタイルにマッチします。

組紐系の糸だから、糸端の処理をせず切ったままで作業しても解けてきません。

(1本撚りや3本撚りは糸端が解けてくるので、テープで固定したりする手間があります。)

糸端の処理なく制作できるので、初心者さんも気軽に扱えて制作時間が短縮できますよ。

\ 16打ちコットンコードをチェックする /
created by Rinker
Stella Sea Fibers
¥1,950 (2021/10/18 17:03:16時点 Amazon調べ-詳細)

より詳細なレポートや作品例はこちらの記事でご紹介しています。

→ Stella Sea Fibers 16打ちフェアトレードオーガニックコットンコード

【2】メルヘンアートの「コットンスペシャル」

コットンスペシャル

次にご紹介するのは、コットンスペシャル(メルヘンアート)というマクラメ糸です。

こちらも組紐系の糸で、とても扱いやすいスムースな質感。

先ほどご紹介した Stella Sea Fibersさんの糸と比べると、表面がより繊細で若干硬め。モードな雰囲気に仕上がる糸です。

表面がとってもスムースで、初心者さんも扱いやすい!

ちなみに、このサイトの「マクラメの作り方」で使用している糸もこのコットンスペシャルです。

結び目がくっきり際立つので見やすく、均等な力加減で結びやすいマクラメ糸です。

\ コットンスペシャルをチェックする /

より詳細なレポートや作品例はこちらの記事でご紹介しています。

→ コットンスペシャル(メルヘンアート)

【3】Bobbiny(ボビニー)Junior Cord 3㎜

3つ目にご紹介するのは、Bobbiny(ボビニー)ジュニアコード です。

太さ3mmでさまざまなマクラメ作品に使えます。

また、ナチュラルカラーから珍しいブライトカラーまで色展開が豊富なところも魅力。カラーマクラメを楽しみたい初心者さんにぴったりです。

今回ご紹介する3つの中では、若干伸縮性がありクセのある糸ですが、こちらも組紐系の糸なので扱いやすいです。

まわりと差のつくカラーマクラメを楽しむなら、この糸がイチオシです。

\ ジュニアコードをチェックする /
created by Rinker
Bobbiny
¥2,926 (2021/10/18 01:59:54時点 Amazon調べ-詳細)

※ボビニーの糸は、楽天・Yahoo!ショッピングだとかなり高めです。合わせて取扱店の「CHYAREE」さんもチェックしてみてください。

より詳細なレポートや作品例はこちらの記事でご紹介しています。

→ Bobbiny(ボビニー)Junior Cord 3㎜(ジュニアコード3㎜)

初心者さんでも扱いやすいマクラメ糸まとめ

初心者さんが扱いやすいマクラメ糸を3つピックアップしてご紹介してきました。

最初につまづきやすい糸選びですが、まずは扱いやすい糸からはじめて、少しづつマクラメの楽しさを発見してみてください♪

関連記事

◇ マクラメ糸の種類について|代表的な3つから好きな糸を選んでみよう

◇ マクラメを作るのにおすすめの糸は? 定番マクラメ糸8種類

タイトルとURLをコピーしました